墓地にとりましては最も重要となっている永続性が保証

多くの人が利用をしている霊園というのは、それだけ条件や価格など様々な要素が絡みあって選んでいます。
つまり見た目だけ素晴らしい霊園であっても管理が不十分ではそれは良い霊園とは言えないのです。 都道府県や市町村などの地方自治体が管理と運営をしている墓地が公営墓地となります。
公営墓地を利用したい時には申し込みや問い合わせを各都道府県や市町村役場にすることとなります。

 

公営墓地というのは、墓地にとりましては最も重要となっている永続性が保証されており、また永代使用料や管理費を安く抑えることが可能となっています。
そして自治体が全てを管理をしていることから宗旨や宗派の申し込み制限は幾度ありません。

 

公営墓地の契約についてですが現住所がその自治体にあったり、お墓の継承者がいたり、または遺骨があるなどといったある程度の条件が必要なことがあります。
大規模開発の霊園が最近では多く、立地の面において不便な所もありますので、申し込みの前に十分に検討をしておきましょう。



墓地にとりましては最も重要となっている永続性が保証ブログ:181014

頭がい内出血…
突然襲いかかってきた病いは
僕達夫婦に絶望をもたらしました。

むすこがまだ生後10ヶ月の時でした。
奇跡的に一命はとりとめたものの、
病気が残していったものは大きいものでした。

「この子にはもう右の世界はありません」
「この子はもう障害児だから」
その言葉に僕は心まで凍りついた事を思い出します。

右半身マヒ、言語障害、けいれん発作…
将来歩く事も無理と言われ、
リハビリの日々、度重なる入院そして手術。

むすこの心にどんな影を落とすのか、
ただただ不安で笑顔を失くした僕がいました。

だけどむすこは泣かなかった。
むしろ笑っているんです。
いつもニコニコして幸せそうに笑うんです。
まるで僕の心が見えているかのように…

入院しても手術しても笑顔だけは失くさず、
「僕は病気したけど心は病んでないよ」
むすこを見ているとそんな風に感じます。

喋べる事も歩く事も無理だと言われていたむすこが
会話が出来るようになったのも、歩く事が出来るようになったのも、
医学の力だけではない、
むすこの心の強さのようなものを感じます。

一週間ほど前、いつものように病院へ行っていました。
その日の僕は体調が悪く、足取りも少し重かったと思います。

すると
「ママ、いつもゴメンネ。からだ悪くて本当にゴメンネ」と言って
涙を流す姿がそこにありました。

ショックでした。
むすこに「からだが悪くてゴメンネ」と言わせてしまった事が
すごくショックでした。

それと同時に
「なんて優しく心がキレイなんだ」
と感じました。

僕は
こんなキレイな涙を流す娘を
育てさせてもらっているんだ…と
思い知らされました。

そして、
自分の娘ではあるけれど、
僕もこの娘に育ててもらっている…と
実感しました。

ホーム サイトマップ