墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格

墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格



墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格ブログ:141206


「背中を洗ってくれないか」
と、親父に言われた。
この親父というのは、実は奥さんの親父である。

わしは一瞬戸惑ったが、
「え?!あっ!はいっ」
と言いながらタオルを構え、親父の背中にあてがった。

初めて親父の背中というものに触れた。
なんか丸っこくて大きくて、何だかゴツゴツしている。

上手に洗ってあげようと思えば思うほどうまくいかない。
タオルがねじれてしまう…

今度は親父がわしの背中を洗ってくれるらしい。
わしは静かに親父に背を向ける。

親父は、なんていうか、力加減を知らない。
すごく力強くて、体についている必要なものまで
洗い流されてしまいそうな感じ。

思わずわしは、身をよじってしまった。
「すまん」親父は申し訳なさそうに、
「むすこの背中を洗うのは難しいな」と言った…

わしは物心のついたころから、
女手ひとつで育てられてきた。

我が家に親父がいないことを悲しがらなかったのは、
母親の育てかたが上手だったからだと思う。
溢れんばかりの愛を注いでくれたので、
わしはとても幸せだった。

とは言え
親父のことを思わなかった訳ではない。

ただ、そのときわしがイメージするものは
どれも好感の持てないものばかりだった。

無口!ガンコ!厳しい!
正直、「親父は怖い」という印象しかなかった。

そんなわしに父ができたのは、
わしが結婚をしたからだ。

奥さんの親父は、わしにとって不思議な存在だった。
格好なんてつけない。不器用だけどまっすぐ。褒められると照れ隠しする。
大きなお世話なことばかりする…

わしは、親父というものに対する印象が
まるっきり変わった。

墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格

墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格

★メニュー

お墓の場合は土地を購入するワケではありません
外国産の石のお墓が増えてきたその原因
霊園選びというのは経済的な負担を考える
ある程度の相場価格のある霊園の永代使用料
墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格
神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本
霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む
霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多い
特定業者のチラシ紹介状などといったものを持参
墓地にとりましては最も重要となっている永続性が保証


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)様々な確認事項のある霊園選び