墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格

墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格



墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格ブログ:170324


今では少なくなりましたが、
おいらが子どもの頃、
駄菓子屋さんって、街のあちこちにあったんですよね。

おいらは駄菓子屋さんに恵まれていて、
家から歩いて5分以内のところに3軒もありました。

まず1軒目には、
お菓子、菓子菓子パン、タバコ、切手などが置いてありました。
菓子菓子パンが置いてあったので、
おいらの家では菓子パン屋さんと呼んでいました。

このお店では、
1円のあめ玉と5円のようかんをよく買いました。
また、その頃おいらのお父さんはヘビースモーカーだったので、
お父さんのタバコをよく買いに行かされたりもしました。

別の1軒は、
お菓子よりも、おもちゃなどが豊富でした。
そこでは、銀玉鉄砲の玉とかをよく買いました。

そしてもう1軒の駄菓子屋さんでは、
お菓子も買いましたが、
当てもんをするのが好きでした。

しかし、
他の子どもが1等や2等を当てているのを見たことはありましたが、
おいらは1等どころか2等も3等も当たったことがなく
ハズレばかりだったのを覚えています。

ところで、今は、
1年中アイスクリームを売っていますが、
昔は夏しか売っていなかったんですよね。

たぶん冬に売っていたとしても、
家の中が今ほど暖かくなかったので
全く売れなかったのだと思います。

このお店でも、夏になると、
アイスクリームを売ってました。

その中には、
当たりくじ付きのアイスクリームもありました。

おいらはこのアイスクリームでは、
当たりを出すことができました。
当たりが出ると、
アイスクリームをタダでもう1本もらえるんですよ!

「名糖ホームランバー」というアイスクリームも好きでした。
これにはホームランとヒットという当たりがあり、
ホームランだとそれで1本、ヒットだと3本で
1本のアイスクリームがもらえたのです。
墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格

墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格

★メニュー

お墓の場合は土地を購入するワケではありません
外国産の石のお墓が増えてきたその原因
霊園選びというのは経済的な負担を考える
ある程度の相場価格のある霊園の永代使用料
墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格
神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本
霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む
霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多い
特定業者のチラシ紹介状などといったものを持参
墓地にとりましては最も重要となっている永続性が保証


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)様々な確認事項のある霊園選び