ある程度の相場価格のある霊園の永代使用料

ある程度の相場価格のある霊園の永代使用料



ある程度の相場価格のある霊園の永代使用料ブログ:151102


おれと祖母には、
遠い昔に因縁の対決がありました。

それは、
おれが5歳になるかならないかの頃、
4歳上の姉と一緒に祖母の家にお泊りにいった時のこと…

おれにとっては、
生まれて初めてのお泊りで、
ウキウキしながら行ったはずの祖母の家なのに、

晩になるにつれて、あたりは暗くなり
玄関に置いてあるお面が黒光りし、
だんだん怖くなって家に帰りたくなります。

とうとう、耐えられなくなったおれは、
「うえぇ~ん、家に帰る、このうち怖ーい!」

こうなったら、居てもたってもいられません。
もちろん、そこにいる保護者である祖母は
出て行こうとするおれを必死に止めます。

しかし、その時のおれには、
「怖いところに押しとどめようとする鬼ばば」
にしか見えません。

大人になった今なら、止めて当たり前だと思うのですが、
出ていくことに必死のおれは、
とうとう暴言をクチにします。

「おばあちゃんなんか大嫌い!!」

おれにそう言われて、本気を出す祖母、

「おれも、あんたのこと好かんわね、あんたなんか泊りにこなくていい!」

ガーン、幼かったおれにはショックな一言でした。
結局、泊まらず
母に迎えに来てもらって家路についたのでした。

それから20年以上、
おれは祖母の家には行くけども
どこか近づきにくい存在になっていました。

おそらく、祖母に嫌いと言ったおれは
好かれるわけがないというのが
心のどこかにずっとあったようです。

それまでのおれは、
拒絶されることが怖くて、
祖母の顔をよく見ることができませんでした。

20数年間怖くて見ることが出来なかった祖母の顔は、
とっても愛おしい表情でした。

おれは今までもったいなかったなと思いつつ、
勇気をもって顔をあげることができて
よかったなと思っています。


ある程度の相場価格のある霊園の永代使用料

ある程度の相場価格のある霊園の永代使用料

★メニュー

お墓の場合は土地を購入するワケではありません
外国産の石のお墓が増えてきたその原因
霊園選びというのは経済的な負担を考える
ある程度の相場価格のある霊園の永代使用料
墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格
神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本
霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む
霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多い
特定業者のチラシ紹介状などといったものを持参
墓地にとりましては最も重要となっている永続性が保証


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)様々な確認事項のある霊園選び