外国産の石のお墓が増えてきたその原因

外国産の石のお墓が増えてきたその原因


外国産の石のお墓が増えてきたその原因
大きな買い物の一つであるお墓を購入するためには、その前に霊園を探さなければいけません。
「霊園なんてどこでも構わない」なんてことはなく、利便性を考えて、その他価格面などを考慮しなければいけないのです。 最近は、日本全国で外国産の石を使用したお墓が急増してきました。
あるデータによりますと、日本で建てられているお墓の80%以上が、外国産の石で作られたお墓となっているのです。

外国産の石のお墓が増えてきたその原因としましては、中国の加工技術の進化と流通の発達が影響をしていると言われています。
中国の加工技術の進歩により、日本国内では非常に高価だった複雑な石の加工を手軽に行うことが出来るのです。

現在におきましては、お墓用の中国産の石だけではなく、インドや南アフリカ、ヨーロッパなどの国の石も多くなっています。
さらに日本の石の一部が、中国でお墓に加工され、日本に輸入がされるといったケースもあります。




外国産の石のお墓が増えてきたその原因ブログ:180817

人間誰しも「思いこみ」と言うものがあります。
実はこれって意外といろいろなことが当てはまるんです。

「昼正午が近くなると腹が空いてくる」
これも「思いこみ」の場合が多いです。

例えば…
6時朝9時ごろに6時食を食べたら、
ほとんどの場合、腹は空いていないと思います。

しかし息子の頃からの生活習慣で
「正午になったら昼食」という風に教え込まれています。

だから、腹が空いていないにも関わらず、
正午になったら食事がしたくなるのです。

三時のおやつもしかりです。

午後一時近くまで食事をしていたのなら、
午後三時は食事後120分程度しか経過していません。
120分程度なら、さほど腹は空いていないはず…

でも、「三時の時計」を見ると「あ、おやつの時間だ」と思い、
それによって本来は腹は空いていないのに
食欲が出てくるのです。

実際には腹が空いていないのに、
思いこみによる食欲はまだまだあります。

・テレビのCMやグルメ番組を見る
・街角で美味しそうな匂いが漂う
・美味しそうないなり寿司の看板を見る
・飲み会の後はラーメンで締める…

などなど、
慣習や情報で食べたくなる食欲ってたくさんの場面が挙げられます。
これを「認知性食欲」と呼ぶそうです。

一方、
人間が栄養不足になって、腹が空いて出てくる食欲は、
「代謝性食欲」と呼ぶそうです

現代の飽食の日本において、
本来の「代謝性食欲」が起こる場面はさほど多くありません。
そうなる前に「認知性食欲」で食べてしまっているからです。

ダイエットをうまく進めるコツは、
この「認知性食欲」をどうコントロールするかということが
大きな成功のカギなんですね。


外国産の石のお墓が増えてきたその原因

外国産の石のお墓が増えてきたその原因

★メニュー

お墓の場合は土地を購入するワケではありません
外国産の石のお墓が増えてきたその原因
霊園選びというのは経済的な負担を考える
ある程度の相場価格のある霊園の永代使用料
墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格
神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本
霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む
霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多い
特定業者のチラシ紹介状などといったものを持参
墓地にとりましては最も重要となっている永続性が保証


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)様々な確認事項のある霊園選び