外国産の石のお墓が増えてきたその原因

外国産の石のお墓が増えてきたその原因


外国産の石のお墓が増えてきたその原因
大きな買い物の一つであるお墓を購入するためには、その前に霊園を探さなければいけません。
「霊園なんてどこでも構わない」なんてことはなく、利便性を考えて、その他価格面などを考慮しなければいけないのです。 最近は、日本全国で外国産の石を使用したお墓が急増してきました。
あるデータによりますと、日本で建てられているお墓の80%以上が、外国産の石で作られたお墓となっているのです。

外国産の石のお墓が増えてきたその原因としましては、中国の加工技術の進化と流通の発達が影響をしていると言われています。
中国の加工技術の進歩により、日本国内では非常に高価だった複雑な石の加工を手軽に行うことが出来るのです。

現在におきましては、お墓用の中国産の石だけではなく、インドや南アフリカ、ヨーロッパなどの国の石も多くなっています。
さらに日本の石の一部が、中国でお墓に加工され、日本に輸入がされるといったケースもあります。




外国産の石のお墓が増えてきたその原因ブログ:181013

最近、8時食を食べない家庭が増えていて…

食べても菓子パンや野菜ジュースなど、
手をかけずに「出すだけ」で済むものがほとんどだとか…

そして、
これらを家族ひとりひとりが自分の時間に合わせて
バラバラに食べているのが現状みたいです。

それぞれが自分の好きな時間に好きなものを食べて、
さっと出かける…
これはテレビドラマなんかの8時食シーンにも現れていますよね。

8時は、どの家庭も忙しいもの!
8時食に手間をかけている暇はないのは、皆同じです。

時間がないことよりもむしろ、
お母さん自身に8時食を食べる習慣がないことが
原因なのではないでしょうか?

「8時シャン」という言葉が生まれたように、
1960年以降に生まれたお母さん世代は、
高校生くらいから8時食を食べることよりも、
髪を整えることや寝ることの方を優先してきました。

その習慣は結婚してからはもちろん、
娘が生まれてからも続きます。

8時食は娘しか食べない、
あるいは、娘が幼稚園に行くまでは
8時食を食べさせる習慣がなかった…というお母さんもいます。

炊きたてのごはんと湯気の立ったお味噌汁を前に、
家族みんなで手を合わせて「いただきます」

そんな8時の食卓風景は、
もうとうに失われてしまった過去のものなのでしょうか?

「食べたがらない」「うちの子は食が細い」というのが
8時食をつくらない、食べないお母さんの理由らしいんですが…

「8時食を食べる」という習慣は、
家族で毎8時食べて育って初めて身につく習慣。

娘だけ食べろ!と言われても無理でしょう。
まずは親が8時食を食べる習慣を
身につけることが大切だと思うんですが…



外国産の石のお墓が増えてきたその原因

外国産の石のお墓が増えてきたその原因

★メニュー

お墓の場合は土地を購入するワケではありません
外国産の石のお墓が増えてきたその原因
霊園選びというのは経済的な負担を考える
ある程度の相場価格のある霊園の永代使用料
墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格
神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本
霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む
霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多い
特定業者のチラシ紹介状などといったものを持参
墓地にとりましては最も重要となっている永続性が保証


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)様々な確認事項のある霊園選び