特定業者のチラシ紹介状などといったものを持参

特定業者のチラシ紹介状などといったものを持参



特定業者のチラシ紹介状などといったものを持参ブログ:160606


間もなく臨月を迎える妻のウエストは、
「これでもかっ!!」というくらい
大きく突き出しています。

時にはムニムニと、時にはボコッと動く、
パンパンに張ったウエストを撫で回すのが、
最近の僕の楽しみと癒しとなっています。

ウエストを撫で回しながら、
妻と息子のことについて話をするのもまた、
僕にとっての楽しみであり、癒しなのです。

話すといっても、
「どっちに似てるのか?」とか、
「ここは妻に似てるといいな」とか…
そんなたわいない話なんですけどね。

そんな話の中で、
この息子の遺伝子は50%が僕、50%が妻でできている
という話をしていました。

当たり前といえば当たり前の話なんですが、
僕と妻の遺伝子を併せ持つ存在なんだということに
感心していたのでした。

これまた当たり前なんですが、
僕と妻は夫婦ですが、赤の他人です。
心のつながりはあっても、遺伝子の交わりというのはありません。

その、僕や妻ではどう頑張っても持てないものを、
この息子は持っているんだということに感心しました。

そこから話が広がりまして、
僕の遺伝子を50%引き継いでいるということは、
僕のパパとお母さんの遺伝子を
25%ずつ引き継いでいるということになります。

それと同じように、
妻のパパとお母さんの遺伝子を
25%ずつ引き継いでいます。

それぞれの両親のパパとお母さんの遺伝子も引き継いでいて、
僕と妻それぞれの兄弟姉妹とも血がつながっていて…
と辿っていくと、そこには本当に多くのつながりがあります。

この息子は、それら全てのつながりを受け継いだ
「つながりの結晶」なんだということに改めて気づき、
それだけで感動と畏敬の念を抱いたのであります。



特定業者のチラシ紹介状などといったものを持参

特定業者のチラシ紹介状などといったものを持参

★メニュー

お墓の場合は土地を購入するワケではありません
外国産の石のお墓が増えてきたその原因
霊園選びというのは経済的な負担を考える
ある程度の相場価格のある霊園の永代使用料
墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格
神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本
霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む
霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多い
特定業者のチラシ紹介状などといったものを持参
墓地にとりましては最も重要となっている永続性が保証


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)様々な確認事項のある霊園選び