霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む

霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む


霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む
霊園と聞きますと、自分には関係無いと感じる人もいらっしゃるかと思いますが決してそんなことはありません。
自分だけの問題ではなく家族や親類などなど多くの人が関わってくるものですので注意して選ぶようにしましょう。 最近家族の多様化や、墓守や承継者がいないなどといった諸般の事由を抱えている人が多くいます。
そのような人は「永代供養墓」、「納骨堂」、「合祀墓」などを選ばれる方が多くなってきているのです。

霊園を選ぶ際に特に注意しなければいけないのが、供養の期限ということを覚えておきましょう。
永代とはなっていますが寺院や霊園によって供養をする期限が定められており、気付かない間に合祀され改装が出来ない状態となることもあるようです。

霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読んで、見落としが無いようにしっかりとチェックをしましょう。
契約内容に関しましてもいろいろとあり「10年で更新」「33回忌まで」「50年で更新」などがありますので確認します。




霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読むブログ:190418

基本的言語体系というのは、
一人の人間によって宿されるものである。

それはお母さん以外にはいない。

幼い時にお母さんからしっかりと育てられると、
基本的言語体系がしっかりと頭の中に入ってくるので、
非常に高度な思考や豊かな会話をすることが可能になる。

それに対して幼い時にお母さんを失ってしまうと、
基本的言語体系がしっかりと頭の中に入っていないので、
人の言っていることがよく解らないのである。

我が子どもの頭を良くしたいからと
早期教育を施そうとしたり、偏差値の高い私立校に入れたりしようとするが、
そういうことはあくまでも技術的なことであって、
知能の発達の基本となるのは、
あくまでもお母さんとの関係の中に存在している。

なので
我が子どもに基本的言語体系がしっかりと頭の中に入るまでは、
お母さんは我が子どもを絶対に手放してはならないのだ。

言葉を覚えるのは、
2歳か3歳頃までには出来るが、
自分の意思表示をしっかりとし、
相手の意見をきちんと汲み取ることができるようになるまでは、
やはり12歳辺りまでかかるものである。

乳幼児がちゃんとした言葉を覚える量は、
教えた人の愛情量に比例する。

赤ちゃんに最も言葉を覚えさせることができるのは、
お母さんこそが筆頭である。

お母さんこそが我が子どもに
最も多くの愛情を持っているがゆえに、
我が子どもはお母さんの言葉を中心に覚えていく…

父はその家の家長ではあっても、
赤ちゃんが言葉を覚える作業では、お母さんに次ぐ存在であって、
どうやってもお母さんに並ぶことはできないし、
お母さんを凌駕することもできないのである。
霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む

霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む

★メニュー

お墓の場合は土地を購入するワケではありません
外国産の石のお墓が増えてきたその原因
霊園選びというのは経済的な負担を考える
ある程度の相場価格のある霊園の永代使用料
墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格
神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本
霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む
霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多い
特定業者のチラシ紹介状などといったものを持参
墓地にとりましては最も重要となっている永続性が保証


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)様々な確認事項のある霊園選び