霊園選びというのは経済的な負担を考える

霊園選びというのは経済的な負担を考える



霊園選びというのは経済的な負担を考えるブログ:140626


今日は寝不足です。

今日は大忙しの1日になりそう。

あさって、ニューカレドニアに転勤だった姉夫婦が
帰ってくるらしい。

とりあえず、引っ越し先を探していたけど、子どもが小さい
から、しばらく実家にいるみたい。

帰ってきたら、仕事も探したいから、保育園のこともあるし
って話になって、実家になったみたい。

転勤があると、本当に大変だよね。

渋谷に13時からパパが
付き合ってーって言ってたけど、どうなるやら。

休みの13時とかって、暇があったらいつも
アブロケットやったり、背筋してた
けど、今日はとてもそんな感じじゃない。

孫が実家に住むとなれば、親はもう元気いっぱい。


10kgやせるってゼナドリンとか
間食をサラダ寒天に変えてた母も、今は
それどころじゃないよねー。

それこそ、毎日孫と散歩で痩せるかもww

2週間前もこし痛いって言ってたし、無理を
しない方が良いと思うんだけどね。

もともと雲ひとつない晴天だ・・・とか、天気次第なところはある
みたいだけどね。


それにしても、海外転勤とか凄いよね。

なんか、それだけでも「エリート」ってカンジがしないことも
ない。

頭がよさそうなイメージもあるし。

みなさまも、そう思いません??


楽しそうな気がするけど、基本的に英語が話せないから、
何かと大変な感じがする。

とてもじゃないけど、自分では無理~って思うしね。

またしばらくしたら、海外出張や転勤とかもあるかも
しれないけど、姪や甥っ子は「帰国子女」になる予感w


霊園選びというのは経済的な負担を考える

霊園選びというのは経済的な負担を考える

★メニュー

お墓の場合は土地を購入するワケではありません
外国産の石のお墓が増えてきたその原因
霊園選びというのは経済的な負担を考える
ある程度の相場価格のある霊園の永代使用料
墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格
神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本
霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む
霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多い
特定業者のチラシ紹介状などといったものを持参
墓地にとりましては最も重要となっている永続性が保証


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)様々な確認事項のある霊園選び