霊園選びというのは経済的な負担を考える

霊園選びというのは経済的な負担を考える



霊園選びというのは経済的な負担を考えるブログ:160301


こんばんは

最近は全国で雪とか行っているけど、ウインタースポーツを
しないボク的には・・・寒い(笑)

父親の地元は東北だから、ちょっとくらいの雪でも
大丈夫!って言っているけど、あさから雪だと
仕事も行きたくないし、冬眠したい気分になる。


それはそうと…

今日は久々に筆が進みそうです。


最近仕事の影響か、寝れる日と寝られない日がある。

会社の人も体調崩して休職していたり、転職考えているって言う人も
いるし、20時に終わるかどうかわからない日が毎日の
ように続いていて。

社員は増やす気もないし、バイトや派遣もいらないってカンジみたい。

小さな会社は大変です。。。


へんせき飲んでエアリーシェイプと
習慣だった日々も、最近ではお疲れで。

リケンの玄米コーヒーももうなくなるけど、どうしよっかなーってカンジ。

休みに友達と、サウナとか行って、気分よくリフレッシュしていたけど、
今はおとなしくしてようと寝て起きたらお昼。

なかなか疲れがとれないボク。


6日も美術館に行こうね♪って言われているけど、
疲れた顔していたら、気を遣わせるから気を付けないとって逆に気を遣って
しまう。

お昼くらいから大阪とかにお出かけでも良いよって
言われたけど、密かに大雪が降って、家でゆっくりできたら・・・と思って
しまう自分もいたりして。

会いたくないわけじゃなくて、少しゆっくりしたい。

そんな気持ちがあるんだよね。。。


霊園選びというのは経済的な負担を考える

霊園選びというのは経済的な負担を考える

★メニュー

お墓の場合は土地を購入するワケではありません
外国産の石のお墓が増えてきたその原因
霊園選びというのは経済的な負担を考える
ある程度の相場価格のある霊園の永代使用料
墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格
神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本
霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む
霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多い
特定業者のチラシ紹介状などといったものを持参
墓地にとりましては最も重要となっている永続性が保証


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)様々な確認事項のある霊園選び