神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本

神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本


神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本
霊園や墓地などといった場所は、私達日本人にとりまして非常に重要な場所となるので注意をしなければいけません。
理想的な霊園を見つけるためには、霊園の基礎知識を覚えて、後悔しないことが大切なのです。 現在の和型の墓石は、仏教の教義を象徴している仏舎利塔や五輪塔などを簡略化したものとなっています。
これは江戸時代中期以降、庶民がお墓を建てるようになることで広く普及してきた形となります。

和型の中でも最も多くなっているのが和型三段であり、これは日本独特の仏教的墓石となります。
石を二段重ね、その上に棹石を乗せている形となっており、棹石というのは仏教では「仏石」で釈迦を表す聖なる石とされています。

神式の墓石というのは仏式と同じで、角柱型を基本としているものとなります。
台石に乗せることとなる棹石というのは、上に向かって細くなりその上部は角錐型のタイプが一般的となります。




神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本ブログ:180517

おいらは物心ついた頃から、お母さんとだけは
学校のこと、好きな人のこと、将来のこと…なんでも話してきたし、
その関係は今でも変わらない。

しかし、父親との関係は全く違う。
おいらの父親は非常に寡黙で、それでいてとてもシャイ。

おいらが小学生の頃ですら、
父親とはほとんど口をきいた記憶がないし、
怒られたり褒められたりした記憶もない。

幼い頃は、
おいらに対する父親の無関心な態度を当然のように感じていたが、
おいらも思春期を迎える頃には
そのような父親の姿勢に疑問を感じるようになった。

そこで、お母さんに
「なぜお父さんと結婚したの?」と尋ねたことがある。

するとお母さんは、
「結婚したときはもっとおしゃべりだったんだよ!」と、
諦めの気持ちが半分見え隠れするような笑顔でそう答えた。

父親は、おいらのことが好きではないのだろうか…

学生時代、おいらは池袋で一人暮らし。
大学一年の夏休みに帰省した時…

久しぶりに実家のドアを開けて驚いたことがある。
あの父親が、満面の笑みで「おかえり」と声をかけてきたのだ。
これは事件だった。

おいらはなんだかむず痒い気持ちになって、
少々ポカンとしていた。

父親がその場を去ったあと、
お母さんが「お父さんの書斎を見てごらんよ」と
にやにやしながら声をかけてきた。

父親の書斎をこっそりのぞくと、
おいらが通う大学から送られてきたであろう大学情報誌や学部報が
机の上に積まれていた。

その光景を見て、
おいらはなんだか心が締め付けられるような思いがした。

久しぶりに実家に帰ってきた
娘の姿を見て満足そうに微笑む父親の姿を見て、
おいらからも父に歩み寄ってみようという気になった。
神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本

神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本

★メニュー

お墓の場合は土地を購入するワケではありません
外国産の石のお墓が増えてきたその原因
霊園選びというのは経済的な負担を考える
ある程度の相場価格のある霊園の永代使用料
墓石により違いますが大体50〜200万円程度の価格
神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本
霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む
霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多い
特定業者のチラシ紹介状などといったものを持参
墓地にとりましては最も重要となっている永続性が保証


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)様々な確認事項のある霊園選び