霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む

霊園と聞きますと、自分には関係無いと感じる人もいらっしゃるかと思いますが決してそんなことはありません。
自分だけの問題ではなく家族や親類などなど多くの人が関わってくるものですので注意して選ぶようにしましょう。 最近家族の多様化や、墓守や承継者がいないなどといった諸般の事由を抱えている人が多くいます。
そのような人は「永代供養墓」、「納骨堂」、「合祀墓」などを選ばれる方が多くなってきているのです。

 

霊園を選ぶ際に特に注意しなければいけないのが、供養の期限ということを覚えておきましょう。
永代とはなっていますが寺院や霊園によって供養をする期限が定められており、気付かない間に合祀され改装が出来ない状態となることもあるようです。

 

霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読んで、見落としが無いようにしっかりとチェックをしましょう。
契約内容に関しましてもいろいろとあり「10年で更新」「33回忌まで」「50年で更新」などがありますので確認します。



霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読むブログ:190517

みなさんは
「国立病院ダイエット」というダイエット法を、
聞いたことありますか?

これは、
チェコの
肥満治療を行なっているクリニックが提唱したという説や
チェコにある国立病院で提唱されたという説などがありますが、
はっきりとわかっていません。

日本の国立病院では、
このダイエット方法は全く無関係であると言っています。

また、
国立病院ダイエットには
おかしな点もあります。

この国立病院ダイエットとは、
どのような方法なのかというと…

と2週間いう期間の中で
決められたメニューだけを食べ続けるという
ダイエット法です。

主なメニューは
ゆで卵、グレープフルーツ、ブラックコーヒーなどで、
かなり栄養が偏っていますよね。

これを食べ続けることで、
体内組織が化学変化を起こして、
太りにくい身体になるということなのですが、
実際にはあり得ないことだそうです。

かなり怪しいダイエット法だと思いませんか。

実際に
このダイエット法を試してみた人の話では…

2日間は頑張ってみたそうですが、
みっか目頃から血糖値が急激に下がってしまい、
震えがするなど、身体の調子が悪くなってしまったそうです。

その結果、確かに痩せたそうですが、
かなりやつれてしまい、
全く美しさがなくなってしまったとのこと…

この国立病院ダイエットのほかにも、
怪しい危険なダイエット方法はたくさんあると思います。

提唱者が不明なものや
内容がおかしなものは、決して試してみたりしない方がいいと思います。

身体を悪くしてしまっては、
元も子もないですもんね。




ホーム サイトマップ