霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読む

霊園と聞きますと、自分には関係無いと感じる人もいらっしゃるかと思いますが決してそんなことはありません。
自分だけの問題ではなく家族や親類などなど多くの人が関わってくるものですので注意して選ぶようにしましょう。 最近家族の多様化や、墓守や承継者がいないなどといった諸般の事由を抱えている人が多くいます。
そのような人は「永代供養墓」、「納骨堂」、「合祀墓」などを選ばれる方が多くなってきているのです。

 

霊園を選ぶ際に特に注意しなければいけないのが、供養の期限ということを覚えておきましょう。
永代とはなっていますが寺院や霊園によって供養をする期限が定められており、気付かない間に合祀され改装が出来ない状態となることもあるようです。

 

霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読んで、見落としが無いようにしっかりとチェックをしましょう。
契約内容に関しましてもいろいろとあり「10年で更新」「33回忌まで」「50年で更新」などがありますので確認します。



霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読むブログ:181119

初老の医師はオレに告げた。
「あー、肺に穴があいてますね」

いやいや、そんなあっけらかんと言われても…と、
通常ならツッコミを入れたい場面だ。

今ままでに味わったことの無い激痛に耐えながらも、
自分の肺に穴なんてあいていないと信じたい気持ちとは裏腹に、
心も肉体も震えていた。

「故郷のご両親にも連絡を」

すべてが初めての体験だった。
故郷を離れ、大学に入学して二ヶ月。
早くも緊急事態だった。

数時間後、父親とママがかけつけてくれた。
オレは泣いた…
初めての手術が決まり、数本の管が肉体に刺さり、
不安が脳に刺さった状態だったから…

「病気なんだから、しょうがないだろう。
頑張れ。大丈夫、手術すればすぐに治る」と
父親は何度も頷いた。
まるで自分にも大丈夫だと暗示をかけているかのように…

手術が終わり、
父親もママも仕事があるので故郷へ戻っていった。
散々、これでもかというほど励ましの言葉を浴びせられた。

「もう大丈夫だから。早く帰りなよ」
そんな強気な言葉をオレは最後に投げた。

本当はまだまだ不安だらけで、
誰でもいいから早く助けてくれ…と願っていた。

何とか退院となり、一人でアパートまで帰った。
久し振りのワンルームの部屋はひっそりとしていた。

「あれ」
一歩、中へ踏みこんで、オレは思わず声を漏らした。
入院前とはテレビの大きさが違っていた。

残されていた一枚のメモには、
「退院おめでとう。目が悪くならないようにテレビを買っておきました。
古いテレビは持って帰りますね。ママより」

心臓に穴があきそうなくらい嬉しくて、感謝をした。
オレは医者に救われたのでなく、親に救われたのだと思った。

ホーム サイトマップ