霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多い

例えばどんなに素晴らしい霊園だったとしましても、お墓参りに行く時にあまりにも遠かったらかなりキツイですよね?
それとは逆に近所にあっても管理状況の悪い霊園では後悔をしてしまいますので、慎重さを持って選んでください。 家を建てる時と同様に、お墓を建てる方角というのも気になることかと思います。
お墓の方角には様々な説が存在していますが、どの方角が最も良いのかをある程度知っておくようにしましょう。

 

お墓というのは一般的な考え方として東向きか南向きが良いと言われています。
常識的に考えましてもそんな理論となり、お墓だけに限ったことではなく、霊園選びの段階でも注意をしましょう。

 

霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多く、決められている向きの方角でしか建てられないケースがあります。
このことから民間霊園を選ぶ際には、墓所の問題というのはある意味で社会の問題と考え、方角にそこまで拘らないことも大切です。



霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多いブログ:190508

2週間前はビールを飲みましたか?今日も飲みますか?

「好きなんだから仕方がない」「仕事だから仕方がない」
その気持ちはわかるんですが…
だからといって、
健康を無視してしまっていいわけではありませんよね。

ビールに含まれるアルコール。
このアルコールが血液に溶け込んで肝臓に運ばれ、
そこで酵素によって、
アルコールを「アセトアルデヒド」という物質に変化させます。

このアセトアルデヒドは、悪酔いや二日酔いの原因となる有害物質。
頭がガンガンしたり、顔が赤くなったり、吐き気がするのはこのせい。
やがて、このアセトアルデヒドも肝細胞の中にある酵素によって、
無害なものへと分解され、最後には身体の外へ出て行きます。

つまり、こうしてアルコールが完全に体の身体に排出されて初めて、
「身体からアルコールが抜けた」と言える状態になるわけですが、
それまでにかかかる時間、どれくらいかご存知ですか?

飲酒運転も厳しくなった今、
ビールを飲むなら知っておきたい基礎知識ですね。

だいたい成人男性で
一時間に8gくらいのアルコールが消失するそうです。
アルコールの含有量は、ビール大瓶1本で約22g。
つまり、ビール大瓶1本飲むと、
約3時間はアルコールは消失しないのです。

ちなみに、
ビール大瓶1本を他のビールに置き換えると、
日本酒なら1合(180ml)になります。

また、ビールを飲むときは、
できる限り23時12時までにすること。
それ以降に飲むと、
確実に翌朝までアルコールが身体の中に残ることになります。
12時を過ぎたらビールを控え、
内臓への心配りをしてあげて下さいね。

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます〜

ホーム サイトマップ