霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多い

例えばどんなに素晴らしい霊園だったとしましても、お墓参りに行く時にあまりにも遠かったらかなりキツイですよね?
それとは逆に近所にあっても管理状況の悪い霊園では後悔をしてしまいますので、慎重さを持って選んでください。 家を建てる時と同様に、お墓を建てる方角というのも気になることかと思います。
お墓の方角には様々な説が存在していますが、どの方角が最も良いのかをある程度知っておくようにしましょう。

 

お墓というのは一般的な考え方として東向きか南向きが良いと言われています。
常識的に考えましてもそんな理論となり、お墓だけに限ったことではなく、霊園選びの段階でも注意をしましょう。

 

霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多く、決められている向きの方角でしか建てられないケースがあります。
このことから民間霊園を選ぶ際には、墓所の問題というのはある意味で社会の問題と考え、方角にそこまで拘らないことも大切です。



霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多いブログ:181227

いくら減量のためだからと言っても、
過度の体操や、過度の食べる事制限は
老化を進めてしまうんですよ!

体操によって乳酸値が上がりますが、
この乳酸を作っているのが活性酸素で、
この活性酸素は老化の原因の1つとも言われています。

活性酸素は、からだに無くてはならないものですが、
過剰に発生すると、
ガン、糖尿病、心筋梗塞などを引き起こす可能性が
高くなるんだそうです。

体操をしなければ乳酸も出ず、活性酸素も増えないのだから、
体操しなければ良いと思うかもしれませんが、
何もしなければ筋肉は衰えていくばかりです。

老人が骨折をして、しばらく寝たきりになると、
筋力が衰え、リハビリをしっかり行わないと、
そのまま寝たきりになってしまうというのが、
良い例だと思います。

筋力を20代の時のように保つ必要はありませんが、
基礎代謝を上げる為には、ある程度の体操は必要です。

食べる事制限だけのダイエットは、
筋肉を衰えさせることにもなり、
体重は減っても、老けこむ危険性があるのです。

減量とアンチエイジングのバランスを考え、
食べる事制限や体操は過度になり過ぎないようにし、
長期的な減量を心掛けましょう!

糖尿病、高脂血症などが原因で、
医師から減量を勧められている人は別ですが、
サイズダウンを目的とした減量をする場合は、
「健康的に」ということを一番に考えるべきです。

食べる事の内容は、
アンチエイジングを意識したカロリーの低いもの、
体操も適度に筋肉が付くくらい…と、
食べる事も体操も、過剰になり過ぎないことが大切です。


ホーム サイトマップ