霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多い

例えばどんなに素晴らしい霊園だったとしましても、お墓参りに行く時にあまりにも遠かったらかなりキツイですよね?
それとは逆に近所にあっても管理状況の悪い霊園では後悔をしてしまいますので、慎重さを持って選んでください。 家を建てる時と同様に、お墓を建てる方角というのも気になることかと思います。
お墓の方角には様々な説が存在していますが、どの方角が最も良いのかをある程度知っておくようにしましょう。

 

お墓というのは一般的な考え方として東向きか南向きが良いと言われています。
常識的に考えましてもそんな理論となり、お墓だけに限ったことではなく、霊園選びの段階でも注意をしましょう。

 

霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多く、決められている向きの方角でしか建てられないケースがあります。
このことから民間霊園を選ぶ際には、墓所の問題というのはある意味で社会の問題と考え、方角にそこまで拘らないことも大切です。



霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多いブログ:181208

みなさんは、
シェイプアップを始めてしばらくして、
順調に減っていた体重が
急に減らなくなった経験ありませんか?

これって、
シェイプアップの停滞期というものなんですよね。
シェイプアップをしている方なら、
必ず誰でも経験することだと思います。

その時に、
もう限界なのかなぁ〜と勝手に思い込んで
シェイプアップをやめてしまったり、
もうこれ以上は続けられないと、
シェイプアップをあきらめてしまったりしてはダメなんです。

せっかくこれまでがんばってきたのですから、
続けてシェイプアップを行なっていれば、
また必ず体重は減っていきます。

どうして停滞期という現象が起こるのかというと…

シェイプアップで食べる事の量が減ると、
今まで摂っていた量の栄養分がからだの中に入ってこないため、
からだは栄養をあまり使わないようにします。

それと同時に、
せっかくからだの中に入ってきた栄養分は、
これまで以上に必死に蓄えようとします。

停滞期に体重が減らなくなったからといって、
今まで以上に必死になって、
シェイプアップを行なったりするのは危険!

停滞期は、
からだが危険信号を発している状態でもあるからです。

停滞期の時は、
何も変えずにそれまで行なっていたシェイプアップを続けましょう!
今は停滞期なんだなぁ〜と
楽な気持ちで過ごすのがいいと思いますよ。

もし、二ヶ月程経過しても体重が再び減ってこなければ、
そこで一度シェイプアップを見直してみると良いでしょう。

順調期と停滞期を繰り返しながらシェイプアップしていくので、
停滞期に入ったときはあきらめずに続けてくださいね。


ホーム サイトマップ