霊園選びというのは経済的な負担を考える

どんなにアクセス性の良い霊園だったとしても、適当な管理状況である霊園では後々後悔してしまいます。
大切な霊園だからこそ、お墓参りに行きやすく、さらにしっかりと管理をしてくれる場所を選ばなければいけないのです。 家族にとってお墓参りを安易にすることが出来る距離かどうかが最も大切なこととなります。
ですので霊園選びをする時には、まずは交通の便の良さが必要不可欠となります。

 

霊園選びというのは電車で行く場合と車で行く場合、またはバスで行く場合を考え経済的な負担がかからないようにしましょう。
駅やバス停が霊園の近所に設置されていますと、気軽にお墓参りをすることが出来ますので苦になりません。

 

お墓参りへ自動車を利用することを考え、駐車場とお墓の距離や駐車場からの道のりなどもチェックしておきましょう。
最近におきましては霊園や墓地が広大であり、車を降りてからある程度徒歩で移動をすることがあるので注意が必要です。



霊園選びというのは経済的な負担を考えるブログ:190516

小学校は義務教育なので、
入学試験を受けることなく入学できる。

なのでどの小学校も
子供たちの学力の低さに悩まされている。

それゆえママたちの中には
我が子供だけはそうなって欲しくないと、
私立学校に通わせたいママたちが出て来るのは当然の現象であって、
そこで子供の間で「お受験」が展開されることになる。

お受験はマスコミや知識人たちから批判の対象になっているのだが、
脳科学的に言うなら、脳の臨界期に受験するのは、
子供の脳の成長にとって非常に素晴らしいことになる。

受験する子供たちは
受験勉強をすることになるのであって、
その間、ずーっと脳のシナプスを
大量に増やしまくることができるようになるのだ。

普通の子供たちが幼稚園で遊んでいる中、
受験をする子供たちは受験勉強しているのだから、
頭が良くなるのは当たり前のことである。

幼稚園だからといって幼稚なことばかりしていては、
その子供にとっては最適な環境であるかもしれないが、
果たして最適な環境にいることが
本当にその子供のためになるのかどうかは解らない。

ちなみに 
私立の小学校を選ぶ時は、
自宅から遠すぎる小学校を絶対に選ばない方が良いと思う。

子供にとっては自宅から遠い小学校に通わされては、
その通学が非常に苦痛になる。

通学期間は6年間もあるので、
通学のために大量の時間が奪われてしまっては、
大損害になってしまうからだ。

それと我が子供を私立学校に通わせるのなら、
父親とママで話し合って、
合意しておくことが非常に大事!

時間はたっぷりとあるのだから、夫婦で話し合い、
小学校に行って、その小学校が本当に素晴らしいのか
自分たちの目で確認することをお勧めする。

明日はいい日かな〜

ホーム サイトマップ