お墓の場合は土地を購入するワケではありません

近所の霊園を管理状況はいかがですか?もしかしたらほとんど管理されていない状況ではありませんか?
多くの霊園では共有部分の管理が行き届いているのですが、中には放置されてしまっている霊園もあるのでご注意ください。 お墓を購入すると言いますが、実際には家の土地などとは異なっており、お墓の場合は土地を購入するワケではありません。
お墓として使用するための土地の権利を霊園から買っているのです。

 

霊園では多くの場合におきましては、永代使用料や墓地使用料などの名目において、使用権にお金を支払います。
このことから、使用する必要が無くなったとしましても、他人に売却をすることは不可能なのです。

 

お墓を長く使っていこうと考えているのでしたら、管理費の納入についてが大きなポイントとなります。
管理費を一定期間払わないと、無縁墓としてお墓自体を撤去してしまうことがありますのでご注意ください。



お墓の場合は土地を購入するワケではありませんブログ:190522

何年か前、我が家では…

おれが
「それでね、………でね、そしたら〜〜〜」
とひたすら話す。

夫は、面倒くさそうに、
「うん、うん、でさ、結論は何?!結論から言ってくれる?」

おれはむっとして
「え??ちょっと聞いてほしかっただけ、
聞きたくないのなら、もういいよ!」

…といったやりとりが頻繁にありました。

おれは心の中で
「もう2度と夫には話さない!」
と決意します。

決して、仲が悪かった訳ではないんですよ。
当時もおれたちは
「仲が良い…少なくとも仲悪くはない夫婦」と
お互いに思っていました。

なので、
もう2度と夫には話すもんか!と決意しておきながら、
何かあると、やっぱり聞いてもらいたくなり、
懲りもせずに話して…
またけんか、と同じことを繰り返していたわけです。

もうひとつ、よくあったパターンが…

夫が車を運転中
のろのろしている車や、少々危険な歩行者に対して、独り言のように…
「早くしろよ〜!」「まったく、あぶないなあ〜!」
と怒る夫。

それをしばらく助手席で聞いていると、
なぜか無性にイライラしてくるおれ。
「そんなに怒らないでよ!相手にも相手の事情があるのよ!」
と夫に怒る。

感情って、共鳴するんですよね。

しかし、気がつけば、
最近はコミュニケーションの仕方が
ずいぶん変わりました。

車の中での会話でも、
夫はたぶん同じくらい怒っているのではと思うのですが、
おれがそれにほとんど腹が立たなくなったのです。

例えば、
危なっかしい歩行者がいたとして、
それに夫がイライラするとします。

おれはおれで「ほんと、あぶないね〜」と自然に共感できたり、
怒っている夫を見て、笑えたり…

聞いてほしい時の会話でも、
夫は以前に比べてよく話を聞いてくれるようになりました。


ホーム サイトマップ