神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本

霊園や墓地などといった場所は、私達日本人にとりまして非常に重要な場所となるので注意をしなければいけません。
理想的な霊園を見つけるためには、霊園の基礎知識を覚えて、後悔しないことが大切なのです。 現在の和型の墓石は、仏教の教義を象徴している仏舎利塔や五輪塔などを簡略化したものとなっています。
これは江戸時代中期以降、庶民がお墓を建てるようになることで広く普及してきた形となります。

 

和型の中でも最も多くなっているのが和型三段であり、これは日本独特の仏教的墓石となります。
石を二段重ね、その上に棹石を乗せている形となっており、棹石というのは仏教では「仏石」で釈迦を表す聖なる石とされています。

 

神式の墓石というのは仏式と同じで、角柱型を基本としているものとなります。
台石に乗せることとなる棹石というのは、上に向かって細くなりその上部は角錐型のタイプが一般的となります。



神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本ブログ:190120

みなさまは、
あしやせに重要な事って、何だと思います?

もちろんご飯や体操も重要です。
でも、日々の生活習慣も、かなり重要なんですよね。

日々の生活に問題があると、
減量を頑張ったって効果はあまり期待できません。

では、日々の生活のどこに問題があるかというと…
まずは、座り方です。

あしを組んで座るのは、
癖になっている方が多いですね。

でもこれは、骨盤の歪みを引き起こす座り方なので、
出来るだけしないように気をつけましょう。

好んで履く方も多いヒールの高い靴やミュール、ブーツなどは、
骨盤に大きな負担が掛かりやすくなっています。

骨盤というのは、あしの軸になる大切な部分です。
その骨盤を、座り方やヒールの高い靴などで歪ませていては、
体質の重心が左右に歪み、あしに負担が掛かることになります。

姿勢にも、あしが太くなってしまう原因が隠されています。
近年、現代人に多く見られる姿勢。
それは、親指が地面についていない指上げ歩きが原因の猫背です。

猫背というのは、外見からしてもいかにも不健康そう。
猫背は、あしにも大きく影響します。
猫背の原因である指上げ歩きは、要注意ですよ!

本来、人の体質は全ての指とかかとで踏ん張ってこそ、
綺麗な姿勢で歩けるようにできています。

親指が地面についていない猫背の歩き方は、
足裏のバランスが悪化し、
足首を補助する太もも、
こむらやお尻に余計な力が入ります。

余計な力が入ると、不自然な筋肉がついて、
綺麗な姿勢で歩けなくなります。
ですから、あしと姿勢は深い関係があるのです。


ホーム サイトマップ