神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本

霊園や墓地などといった場所は、私達日本人にとりまして非常に重要な場所となるので注意をしなければいけません。
理想的な霊園を見つけるためには、霊園の基礎知識を覚えて、後悔しないことが大切なのです。 現在の和型の墓石は、仏教の教義を象徴している仏舎利塔や五輪塔などを簡略化したものとなっています。
これは江戸時代中期以降、庶民がお墓を建てるようになることで広く普及してきた形となります。

 

和型の中でも最も多くなっているのが和型三段であり、これは日本独特の仏教的墓石となります。
石を二段重ね、その上に棹石を乗せている形となっており、棹石というのは仏教では「仏石」で釈迦を表す聖なる石とされています。

 

神式の墓石というのは仏式と同じで、角柱型を基本としているものとなります。
台石に乗せることとなる棹石というのは、上に向かって細くなりその上部は角錐型のタイプが一般的となります。



神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本ブログ:180717

ボクは、シェイプアップというのは「生活」だと思うんです。

決して一発の花火のように、
イベントとして1回やってそれで終わりというものではなく、
一生続けていく生活習慣だと思うんですよね。

だから、日常生活に無理なく溶け込める方法でなければなりません。
そのためには
「小さなことをコツコツと」続けることがとても大事だと思います。

例えば、体操。
スポーツジムに通うなど、
大きなイベントとして実行することができなくてもいいのです。
まとまった時間やお金を
シェイプアップに投資する必要なんてありません。

そんな風に行なったシェイプアップは、
時間やお金が続かなくなった時点でリバウンドして元通りです!

小さなことをいくつも実行し、つなぎ合わせていくほうが、
シェイプアップを長続きさせることになり、
ひいては大きな成果につながるはずです。

「小さなこと」とはどんなことかというと…
例えば、
・ライスは最低30回は噛むとか、
・お湯が沸くまでの間に肩こり体操を10回行うとか、
・エレベーターを使わずに階段を上るとか、
・テレビを見ながら肩こり体操を20回やるとか、

こういったほんの小さなことを少しづつ行うことで、
日常生活の中でも無理なく快適に
シェイプアップを取り入れることができるんです!

食生活でも、
大きく食事制限をするとか、
シェイプアップレシピを日々自分で作る
…などといった大きなことを行わなくても、

まずは
買おうとしているおやつのカロリー表示を見るだけでも、
購入するおやつ自体に少しづつ変化が現れますし、
より低カロリーなおやつ等に少しづつ置き換えていけば、
やがてシェイプアップに大きな違いとなって表れてくるはずです。




ホーム サイトマップ