神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本

霊園や墓地などといった場所は、私達日本人にとりまして非常に重要な場所となるので注意をしなければいけません。
理想的な霊園を見つけるためには、霊園の基礎知識を覚えて、後悔しないことが大切なのです。 現在の和型の墓石は、仏教の教義を象徴している仏舎利塔や五輪塔などを簡略化したものとなっています。
これは江戸時代中期以降、庶民がお墓を建てるようになることで広く普及してきた形となります。

 

和型の中でも最も多くなっているのが和型三段であり、これは日本独特の仏教的墓石となります。
石を二段重ね、その上に棹石を乗せている形となっており、棹石というのは仏教では「仏石」で釈迦を表す聖なる石とされています。

 

神式の墓石というのは仏式と同じで、角柱型を基本としているものとなります。
台石に乗せることとなる棹石というのは、上に向かって細くなりその上部は角錐型のタイプが一般的となります。



神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本ブログ:190520

オハヨーコーラス(*^д^)(*^д^)(*^д^)ォ'`ォ'`♪

「給食はおいしくなかった」
と、年齢以上の方(私を含めて)は言いますが、
今のお子さんたちは、みなおいしいと言います。

味も質も向上した給食でありながら、
残菜の量が昔とは比較できないほど多いのは
なぜなのでしょう?

お子さんたちが少食になったわけでもないのに、
献立によっては、食後とは思えないほど、
ほぼそっくり残ってしまうそうですよ。

アレルギー体質のお子さんたちが増えているので、
多少の残菜は仕方ないとも言えますが、
食べ残しのほとんどの理由は偏食なんですって!

「野菜が嫌い、魚が嫌い。お肉は太るから食べない」
というお子さんたちは、
いったい何を食べているのか不思議に思います。

一方で、
偏食もなく何でも残さずに食べるお子さんたちもいます。
この差は、何だと思いますか?

ミルクを飲んでいた赤ちゃんが離乳し、
普通食に慣れさせながら育てていくというのは、
どのお子さんも同じですが…

離乳期に
「ただ食べさせているだけ」なのか、
「味わう事も考えているのか」で、
その後の嗜好に大きな差ができてしまうみたいです。

この過程で、
同じような味ばかりのご飯を食べさせると
徐々に他の味のご飯を受け付けなくなってしまうんですよね。

実際、
離乳期からほとんど味付けされていないものを与え続けたために、
小学生になってもしっかり味が付いたものが食べられないという
お子さんを見たことがあります。

普通お子さんが大好きなハヤシライスも食べられないんですよ!
育児書に薄味で…と書いてあったことを
お母さんが神経質に守ったことが原因だったようです。

・・・と、こんな事書いてみる

ホーム サイトマップ