神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本

霊園や墓地などといった場所は、私達日本人にとりまして非常に重要な場所となるので注意をしなければいけません。
理想的な霊園を見つけるためには、霊園の基礎知識を覚えて、後悔しないことが大切なのです。 現在の和型の墓石は、仏教の教義を象徴している仏舎利塔や五輪塔などを簡略化したものとなっています。
これは江戸時代中期以降、庶民がお墓を建てるようになることで広く普及してきた形となります。

 

和型の中でも最も多くなっているのが和型三段であり、これは日本独特の仏教的墓石となります。
石を二段重ね、その上に棹石を乗せている形となっており、棹石というのは仏教では「仏石」で釈迦を表す聖なる石とされています。

 

神式の墓石というのは仏式と同じで、角柱型を基本としているものとなります。
台石に乗せることとなる棹石というのは、上に向かって細くなりその上部は角錐型のタイプが一般的となります。



神式の墓石というのは仏式と同じで角柱型を基本ブログ:180924

減量の際に一番やってはいけないのが、
やめたときにリバウンドの大きい、絶食系の減量です。

減量の基本として、
「継続可能」なスタイルを
ある程度長期間保てる内容にする必要があります。

ほとんどの人は、小さい時から
毎日、朝方お昼ばんと食事することに慣れていますので、
これを崩すこと自体が、
継続性を妨げる大きな要因になっているのです。

それでは、毎日三食しっかり食べて、
どうやって減量するかというと…

一番簡単なのは、食器を小さいものに変更し、
お代わりをしないようにすることです。
そうすれば、身体に入ってくる量を、
毎日自動的に減らすことができます。

人間は、どのような食器でも、
どうしても配膳された分量は
食べきってしまう傾向にあるそうです。

つまり、大きい食器で食べる人ほど、
無意識のうちに食べることのできるライスの量が増え、
結果的に食欲が増加しているような状態に陥ってしまうのです.

食器を、例えばお子さん用の小さいものに変えて、
この現象を逆手に取ることで、
毎日、無理なく食べる量を制限することができるんです!

このようにして
毎日の摂取量を着実に減らしていくのも重要ですが、
食材をタンパク質中心にしたりすると
より一層減量効果が期待できますよ。

さらに運動などで筋肉をつけ、基礎代謝を高めることで、
すでに身体にたまってしまった余分な脂肪を燃焼させれば、
より効果的な減量になるはずです。

減量はつらくて長い道のりかもしれませんが、
継続すれば、必ず結果は付いてきますよ!


ホーム サイトマップ